茨城県精神医療福祉データベースについて

精神障害者をとりまく状況については,精神科病院での長期入院者が多い現状から,長期入院者の退院促進を図り,退院後も外来通院や訪問看護,福祉サービスなど適切な支援を活用し,地域で安心して生活できるようにすることが求められています。
「茨城県精神医療福祉データベース」はこれらの課題に対応する精神障害者の支援者への情報提供を目的として作成しました。
本データベースをご活用いただき,精神障害者の地域移行の取組みにつながれば幸いです。
    〈データベース使用上の注意〉
  • ・掲載情報は,「支援者用」であることを前提に,平成27年9月30日現在の情報として回答のあったものです。
  • ・医療機関と障害福祉サービス事業所については,「基本情報」の他に一般には公開していない情報を含む「詳細情報」を掲載しておりますので,「支援者用マップ」であることにご留意いただきご活用ください。
  • ・共同生活援助事業所については,「住まい」であるため,地図にはプロットしていませんので,ご了解をお願いいたします。

福祉事業所の特徴について知りたい

障害者等が障害福祉サービスを適切に使用できるよう、サービス利用計画を作成する「相談支援」をはじめ、地域活動の支援、自立訓練、就労、生活など様々な事業所があります。

「福祉事業名の解説」ページへ

こんな時はどんなサービスがあるの?

ページトップへ

Menu